埼玉医科大学総合医療センター小児科専攻医(後期研修医)募集
埼玉医科大学総合医療センター 小児科

専攻医(後期研修医)募集!

後期研修医募集

“未来”をつくる手助けを


こどもは未来の主役です。
埼玉医科大学総合医療センター 小児科では、
未来を担うこども達の大切な「命」を
救い、育むため、最大限のサポートを
可能とする高度施設群を備えています。
この日本トップレベルの施設で、
あなたの腕を存分に発揮してみませんか?

埼玉医科大学総合医療センター小児科では「あなた」を求めています

当センターは、日本小児科学会認定の小児科専門医研修施設であると同時に、日本周産期・新生児医学会の基幹研修施設としても認定されています。そのためスーパーローテーション期間も含めて、最短5年間で小児科専門医試験受験資格を取得することが可能です。更に、小児科専門医資格取得後は、最短3年間で周産期(新生児)専門医のsubspecialty資格受験資格を取得することが可能です。
 
関東近辺の専門性の高い関連施設で、急性疾患の対応と慢性疾患の初期対応を経験でき、あるいは関連施設で地域医療を学べるなど、地域特性と病院の役割に応じて、すべての領域にわたり、もれなく経験できる理想的な体制だと思います。

県内唯一の高度施設群
総合周産期母子医療センター

世界最大級の総合周産期母子医療センター

PICU

全国で9番目の小児救命救急センター

ドクターヘリ

県内唯一の運用基地、ドクターヘリ基地

カルガモの家

医療型障がい児入所施設「カルガモの家」

小児在宅支援専門施設イメージ

小児在宅支援専門施設

埼玉医科大学総合医療センター高度救命救急センター

新高度救命救急センター

埼玉医科大学総合医療センター 小児科での研修のメリットとは

小児科専門医習得のために

3ヶ月程度の短期間から研修可能で、研修内容も調整することができます。新生児専門研修の基幹病院なので、症例数が多く、様々な新生児疾患を網羅しているため、短期間で新生児専門医受験資格に必要とされる症例数、疾患分野を経験することが可能です。

小児科部門の専門性を高めるために

小児科専攻医(後期研修医)は、一般小児科部門と新生児部門で、それぞれ1年間小児科研修に専念します。また、国立成育医療センター、東京都立小児総合医療センター埼玉県立小児医療センター、長野県立こども病院などの小児専門施設と連携したシニアレジデントローテーションを実施しています。

国際医療協力や災害医療協力を視野に入れて

毎年春に、大阪大学大学院人間科学国際協力論講座 中村安秀教授をプランナーとして、国際小児保健医療協力入門セミナーを開催しており、国際医療協力や災害医療協力を目指す小児科医を積極的に受け入れています。

女性医師の活躍の場として

女性医師の休職後の臨床復帰や、子育て中や妊活中などのワークスタイルの自由選択にも力を入れていますので、勤務形態は個別対応が可能です。子育てとの両立や、ライフスタイルに沿った働き方ができます。

埼玉県の専攻医(後期研修医)研修資金貸与・免除制度があります

小児科専攻医(後期研修医)は、将来一定期間(受給年数の1.5倍)県内で小児科医師として勤務することを約束すれば、埼玉県から毎月20万円の奨学金が支給されます。この奨学金の支給規定は他の都道府県に比較して大変柔軟です。安心して後期研修にご応募ください。
※以下の情報は平成29年度のものに基づいています。埼玉県側の更新があり次第、こちらの情報も更新いたします。

対象者

埼玉県内の周産期母子医療センター又は救命救急センターで産科、小児科、救急科の専攻医(後期研修)を受講する医師。

専攻医(後期研修)を修了した後、県内の病院において産科、小児科、救命救急センターの医師として勤務することが確実と認められる方

貸与金額

月額20万円以内

貸与期間

3年以内(後期研修を中断した場合、貸与は停止となります)

返還免除

県内の病院の産科・小児科・救命救急センターで貸与期間の1.5倍勤務した場合

※勤務期間が1.5倍に相当する期間に満たない場合は、全額一括返還となります。

●研修資金を借りて、返還が免除される例

専攻医(後期研修 ) 勤 務
1年次 2年次 3年次 1年目 2年目    3年目 4年目 5年目
研修資金720万円貸与→ 県内の病院に4年6か月勤務→返還免除

詳細・お問い合わせ
埼玉県臨床研修医研修資金・埼玉県後期研修医研修資金のご案内▶︎
TEL: 048-601-4600 FAX: 048-601-4604

取得可能な資格

小児科専門医
周産期新生児専門医
日本小児循環器学会専門医
etc.

ぜひ、共に学びましょう

埼玉医科大学総合医療センターは、小江戸とも呼ばれる風情豊かな川越市の北東にあり、川越比企医療圏の中核病院です。
 
当科では、胎児から新生児、乳児、小児まで、総合病院としての利点を生かして各々の専門性を持ち寄り、他科の協力も得ながら、多様化する病気に対応しています。そして、救急から在宅支援、ご家族もサポートすることで、こどもと日本の未来を守って行きたいと考えています。
 
また、随時見学を受け付けていますので、お気軽にお問い合わせください。
 
なお、医学生、初期研修医の方で当科の見学を希望される方は、埼玉医科大学総合医療センターの初期臨床研修プログラム 『病院見学』をご利用ください。
詳しくはこちら
 
*見学は、当科で勤務および研修を希望する方を優先させていただいております。

応募・お問合せ