小児循環器部門

2014年 業績

●論文・刊行書籍

1)先崎秀明.The impact of Institutional stage I surgical volume on Mortality in infants with HLHS. AHA Report Scientific Session 2014. 2015;9.
 
2)先崎秀明.Clinical utility of routine pre-Fontan invasive hemodynamic assessment for surgical risk stratification. AHA Report Scientific Session 2014. 2015;10.
 
3)栗嶋クララ、先崎秀明.  成人先天性心疾患:大動脈拡張性疾患と血管機能不全(メジカルビュー社).2015;
 
4)先崎秀明. 今日の小児治療指針.うっ血性心不全.(医学書院)2014;
 
5)先崎秀明. 特集:先天性心疾患および小児心疾患医療の最前線.循環器内科(科学評論社).2014;75:1-2.
 
6)Senzaki H. Preface, In Frontiers in morphological and functional assessment of congenital heart disease Splinger Japan, 2014;pp.
 
7)Masutani S, Senzaki H. Assessment of ventricular function by pressure-volume relationship, In Frontiers in morphological and functional assessment of congenital heart disease Splinger Japan, 2014;pp.
 
8)Saiki H, Senzaki H. Assessment of vascular function by cardiac catheterization, In Frontiers in morphological and functional assessment of congenital heart disease. Senzaki (ed). Splinger Japan, 2014;pp 101-112.
 
9)Kojima T., Kuwata S., Kurishima C., Iwamoto Y., Saiki H., Ishido H., Masutani S., Senzaki H.: Aortic root dilatation and aortic stiffness in patients with single ventricular circulation. Circ J. 2014;78:2507-2511.
 
10)Kurishima C., Masutani S., Kuwata S., Iwamoto Y., Saiki H., Ishido H., Tamura M., Senzaki H.: Cystatin C and body surface area are major determinants of the ratio of N-terminal pro-brain natriuretic peptide to brain natriuretic peptide levels in children. J Cardiol. 2014.
 
11)Liang F., Senzaki H., Kurishima C., Sughimoto K., Inuzuka R., Liu H.: Hemodynamic performance of the Fontan circulation compared with a normal biventricular circulation: a computational model study. Am J Physiol Heart Circ Physiol. 2014;307:H1056-1072.
 
12)Masutani S., Saiki H., Kurishima C., Kuwata S., Tamura M., Senzaki H.: Assessment of ventricular relaxation and stiffness using early diastolic mitral annular and inflow velocities in pediatric patients with heart disease. Heart Vessels. 2014;29:825-833.
 
13)Nakagawa R., Kuwata S., Kurishima C., Saiki H., Iwamoto Y., Sugimoto M., Ishido H., Masutani S., Senzaki H.: Arterial stiffness in patients after Kawasaki disease without coronary artery involvement: Assessment by performing brachial ankle pulse wave velocity and cardio-ankle vascular index. J Cardiol. 2014.
 
14)Saiki H., Kurishima C., Masutani S., Senzaki H.: Cerebral circulation in patients with Fontan circulation: assessment by carotid arterial wave intensity and stiffness. Ann Thorac Surg. 2014;97:1394-1399.
 
15)Saiki H., Kuwata S., Kurishima C., Iwamoto Y., Ishido H., Masutani S., Senzaki H.: Aldosterone-cortisol imbalance immediately after fontan operation with implications for abnormal fluid homeostasis. Am J Cardiol. 2014;114:1578-1583.
 
16)Seki M., Kurishima C., Saiki H., Masutani S., Arakawa H., Tamura M., Senzaki H.: Progressive aortic dilation and aortic stiffness in children with repaired tetralogy of Fallot. Heart Vessels. 2014;29:83-87.
 
17)Senzaki H., Inuzuka R., Seki M., Sugimoto M., Saiki H., Masutani S.: Reply: To PMID 23972390. Ann Thorac Surg. 2014;97:1854-1855.
 
18)Toyoshima K., Masutani S., Senzaki H., Kawataki M., Itani Y.: Left atrial volume is superior to the ratio of the left atrium to aorta diameter for assessment of the severity of patent ductus arteriosus in extremely low birth weight infants. Circ J. 2014;78:1701-1709.
 
19)関 満, 桑田 聖子, 栗嶋 クララ, 金 晶恵, 中川 良, 犬塚 亮, 杉本 昌也, 齋木 宏文, 岩本 洋一, 石戸 博隆, 増谷 聡, 先崎 秀明: 小児循環器学会学術委員会研究報告 成人先天性心疾患の心血管機能(第1報) Fallot四徴症における大動脈拡大機序と心血管機能. 日本小児循環器学会雑誌. 2014;30:601-611.
 
20)杉本 昌也, 桑田 聖子, 先崎 秀明: オーバーラップする疾患群 ミトコンドリア病と左室心筋緻密化障害. 日本小児循環器学会雑誌. 2014;30:215-217.
 
21)石戸 博隆, 桑田 聖子, 先崎 秀明: 子供の理学療法 小児心疾患. 理学療法ジャーナル. 2014;48:545-552.
 
22)増谷 聡: 【小児疾患診療のための病態生理1 改訂第5版】 循環器疾患 末梢性肺動脈狭窄. 小児内科. 2014;46:231-235.
 
23)増谷 聡: 【新生児の診療・ケアQ&A これだけは知っておきたい代表的疾患と症状・所見 早産・ハイリスク編】 (第6章)ハイリスク新生児によく見られる症状・所見Q&A チアノーゼはなぜ生じるのですか。観察と対応のポイントを教えてください。すべての呼吸障害でチアノーゼは見られるのですか. Neonatal Care. 2014:282-283.
 
24)増谷 聡: 【新生児の診療・ケアQ&A これだけは知っておきたい代表的疾患と症状・所見 早産・ハイリスク編】 (第6章)ハイリスク新生児によく見られる症状・所見Q&A 心雑音はなぜ生じるのですか。観察と対応のポイントを教えてください。すべての心疾患で心雑音が聴取されるのですか. Neonatal Care. 2014:279-281.
 
25)増谷 聡: 【子どもの不定愁訴 35倍よくわかる!小児心身医学会ガイドライン】    検査法 ヘッドアップ・ティルト試験. 小児科学レクチャー. 2014;4:101-106.
 
26)増谷 聡: 心血管機能診断の重要性. 循環器内科. 2014;75:117-122.
 
27)増谷 聡, 川崎 秀徳: 【血行動態から管理&ケアの基本まで とことん分かる循環の基礎と先天性心疾患Q&A Webでアクセスできる心エコー動画&心雑音所見つき】 心臓に穴が開いていることで起こる疾患. Neonatal Care. 2014;27:1173-1179.
 
28)齋木宏文: 心臓カテーテル検査による機能評価最前線. 循環器内科 2014;75:36-44

●講演、学会発表

国内講演
 
1)先崎秀明.Fontan 循環を考える.特別講演 北海道小児循環器研究会.2014年11月.
 
2)先崎秀明.Fontan Physiology. 教育講演 ストライカー循環器セミナー.2014年10月.
 
3)先崎秀明.Fontan循環の神秘を探る.特別講演 北陸小児循環器研究会.2014年10月.
 
4)先崎秀明.よくわかる臨床心血管機能評価. 特別講演 京滋小児循環器研究会.2014年9月.
 
5)先崎秀明.先天性心疾患の基礎.教育講演.Abbie研究所.2014年4月.
 
6)先崎秀明.循環管理の基礎. 教育講演 Intact全体集会.2014年3月.
 
7)先崎秀明.川越医師会教育講演.先天性心疾患医療の最前線.2014年2月.
 
8)Satoshi Masutani, Hirofumi Saiki, Seiko Kuwata, Clara Kurishima, Yoichi Iwamoto, Mio Taketazu, Hirotaka Ishido, Hideaki Senzaki. Midterm progression of cardiovascular pathophysiology after Fontan operation. シンポジウム 第16回日本成人先天性心疾患学会学術集会.2014年1月 岡山
 
9)Satoshi Masutani, Hirofumi Saiki, Seiko Kuwata, Clara Kurishima, Yoichi Iwamoto, Mio Taketazu, Hirotaka Ishido, Hideaki Senzaki. Update of pediatric catheter intervention outcome. Where are we? From hemodynamic aspect and future directions. ワークショップ 第25回日本Pediatric Interventional Cardiology 学会学術集会.2014年1月 松本
 
10)増谷聡. 小児科外来診療に潜む“もしかして心疾患?”. 特別講演 第35回川越小児科臨床検討会.2014年2月 川越
 
11)増谷聡. 新生児の心機能の基礎から心不全治療へ. 特別講演 第16回若葉小児科臨床研究会.2014年2月 神戸
 
12)増谷聡. なぜ左房容積か?. 教育講演 第12回日本周産期循環管理研究会.2014年6月 高知
 
13)Satoshi Masutani, Clara Kurishima, Hideaki Senzaki. Failed vs Super Fontan: beyond pulmonary resistance シンポジウム  第50回日本小児循環器学会総会・学術集会.2014年7月 岡山
 
14)Satoshi Masutani, Hideaki Senzaki. Right Ventricular-Left Ventricular interaction.  ワークショップ  第50回日本小児循環器学会総会・学術集会.2014年7月 岡山
 
15)増谷聡. 新生児科とともにチームを組む小児循環器科医が、新生児科医とともに考えたい先天性心疾患の診断・治療のポイント。 シンポジウム 第50回日本周産期・新生児医学会・学術集会.2014年7月 浦安
 
16)増谷聡. 小児循環器. 教育講演 第6回 循環器夏季セミナー.2014年8月 さいたま
 
17)増谷聡. 加齢による心血管機能変化と心臓アンチエイジング. 特別講演 第3回愛媛アンチエイジングセミナー.2014年9月 松山
 
18)桑田 聖子, 先崎 秀明: 右室を視る 心臓カテーテル検査による右心機能の評価. シンポジウム  第50回日本小児循環器学会総会・学術集会.2014年7月 岡山
 
19)栗嶋 クララ, 先崎 秀明: 小児循環器診療におけるこれからのシミュレーション医学 シンポジウム Super-Fontan Circulationの循環応答特性. 第50回日本小児循環器学会総会・学術集会.2014年7月 岡山
 
20)栗嶋 クララ, 先崎 秀明, 篠原 徳子, 中西 敏雄: シンポジウム Fontan循環を掘り下げる Fontan合併症の病態生理に基づくより良い管理に関する討論 第50回日本小児循環器学会総会・学術集会.2014年7月 岡山
 
21)
栗嶋 クララ, 先崎 秀明: シンポジウム Fontan適応拡大の意義とFenestration、failed Fontan Fenestrationの循環応答. 第50回日本小児循環器学会総会・学術集会.2014年7月 岡山
 
国際学会
 
1) Satoshi Masutani, JeongHye Kim, Seiko Kuwata, Clara Kurishima, Hirofumi Saiki, Masanori Tamura, Hideaki Senzaki. Ventricular-Arterial Coupling Biphasically Correlates to Ventricular Diastolic Chamber Stiffness in Children−Association with Aldosterone Activation. American Heart Association Scientific Session 2014, Chicago
 
2) Clara Kurishima, Hideaki Senzaki, Tokuko Shinohara, Toshio Nakanishi. Lower heart rates are associated with better mid-term outcomes in Fontan patients. American Heart Association Scientific Session 2014, Chicago
 
3) Clara Kurishima, Hideaki Senzaki, Tokuko Shinohara, Toshio Nakanishi. Lower heart rates are associated with better mid-term outcomes in Fontan patients. American Heart Association Scientific Session 2014, Chicago
 
4) Clara Kurishima, Kei Inai, Seiji Asagai, Hideaki Senzaki, Toshio Nakanishi. Factors associated with glucose intolerance and abnormal lipid metabolism in Fontan patients. American Heart Association Scientific Session 2014, Chicago
 
5) Seiko Kuwata; Hirofumi Saiki; Clara Kurishima; Yoichi Iwamoto; Hirotaka Ishido; Satoshi Masutani; Hideaki Senzaki. Ventricular Energetics in Fontan Circulation: A Potential Therapeutic Target for Preserving Myocardial Function. American Heart Association Scientific Session 2014, Chicago
 
6) Hirofumi Saiki; Seiko Kuwata; Clara Kurishima; Yoichi Iwamoto; Hirotaka Ishido; Satoshi Masutani; Hideaki Senzaki. Characteristics and Determinants of Cerebral Circulation in Patients after Surgery for Congenital Heart Disease American Heart Association Scientific Session 2014, Chicago
 
7) Hirofumi Saiki, Hideaki Senzaki. Reduced venous capacitance and increased venous return resistance in the Fontan circulation: the potential for new therapeutic target. Mayo Clinic Young Investigators Research Symposium March22-23, 2014, Rochester
 
国内学会
 
1)岩本 洋一、桑田 聖子、金 晶惠、栗嶋 クララ、石戸 博隆、増谷 聡、先崎 秀明、日本小児循環器学会雑誌第30巻2014; s284
 
2)岩本 洋一、桑田 聖子、金 晶惠、栗嶋 クララ、石戸 博隆、増谷 聡、先崎 秀明、先天性心疾患児における上大静脈・総頚動脈・椎骨動脈の流量の検討、日本小児循環
 
3)岩本 洋一、金 晶惠、桑田 聖子、栗嶋 クララ、増谷 聡、先崎 秀明、心拍変動解析におる簡易遠赤外線サウナ療法の有用性の検討、第34回日本小児循環動態研究会学術集会、2014年10月
 
4)岩本 洋一、桑田 聖子、栗嶋 クララ、増谷 聡、先崎 秀明、MRIによる上行大動脈断面積変化を用いた中心大動脈収縮期圧推計法の検討、第34回日本小児循環動態研究会学術集会、2014年10月
 
5)岩本 洋一、桑田 聖子、栗嶋 クララ、増谷 聡、先崎 秀明、MRIによる上行大動脈断面積変化を用いた中心大動脈収縮期圧推計法の検討、第34回日本小児循環動態研究会学術集会、2014年10月
 
6)加藤 裕司, 林 健, 小林 俊樹, 石戸 博隆, 古屋 大典, 棚橋 紀夫: 経皮的心房中隔欠損孔閉鎖術と片頭痛の関連. 日本内科学会雑誌. 2014;103:175.
 
7)関 満, 桑田 聖子, 栗嶋 クララ, 岩本 洋一, 石戸 博隆, 増谷 聡, 先崎 秀明: 左心低形成症候群ではFontan術後においても潜在的心内膜下虚血が存在する. 日本小児循環器学会雑誌. 2014;30:s243.
 
8)金 晶惠, 石戸 博隆, 増谷 聡, 岩本 洋一, 栗嶋 クララ, 桑田 聖子, 先崎 秀明: Fontan循環評価における動的中心静脈圧の重要性. 日本小児循環器学会雑誌. 2014;30:s199.
 
9)金 晶惠, 増谷 聡, 桑田 聖子, 栗嶋 クララ, 岩本 洋一, 石戸 博隆, 先崎 秀明: Nasal high flowが、薬物療法が奏功しない慢性心不全急性増悪・非代償性ショックを劇的に改善した6歳女児例. 日本小児循環器学会雑誌. 2014;30:s360.
 
10)栗嶋 クララ, Liang Fuyou, 桑田 聖子, 岩本 洋一, 石戸 博隆, 増谷 聡, 先崎 秀明: 適応拡大の意義とFenestration、failed Fontan Fenestrationの循環応答. 日本小児循環器学会雑誌. 2014;30:s125.
 
11)栗嶋 クララ, Liang Fuyou, 桑田 聖子, 金 晶惠, 岩本 洋一, 齋木 宏文, 石戸 博隆, 増谷 聡, 先崎 秀明: 小児循環器診療におけるこれからのシミュレーション医学 Super-Fontan Circulationの循環応答特性. 日本小児循環器学会雑誌. 2014;30:s166.
 
12)栗嶋 クララ, 桑田 聖子, 金 晶惠, 岩本 洋一, 齋木 宏文, 石戸 博隆, 増谷 聡, 先崎 秀明: Wave intensity解析による心移植後血管病変の早期検出. 日本小児循環器学会雑誌. 2014;30:s322.
 
13)栗嶋 クララ, 桑田 聖子, 金 晶惠, 岩本 洋一, 齋木 宏文, 石戸 博隆, 増谷 聡, 先崎 秀明: Fontan循環における末梢静脈圧測定による中心静脈圧推定法. 日本小児循環器学会雑誌. 2014;30:s296.
 
14)栗嶋 クララ, 桑田 聖子, 金 晶惠, 岩本 洋一, 齋木 宏文, 石戸 博隆, 増谷 聡, 先崎 秀明: Fontan循環において房室弁逆流が肺循環へ及ぼす影響 Wave Intensity Analysisによる検討. 日本小児循環器学会雑誌. 2014;30:s283.
 
15)栗嶋 クララ, 桑田 聖子, 金 晶惠, 岩本 洋一, 齋木 宏文, 石戸 博隆, 増谷 聡, 先崎 秀明: Fontan術後蛋白漏出性胃腸症とリンパ動態 リンパマッサージの有用性. 日本小児循環器学会雑誌. 2014;30:s228.
 
16)栗嶋 クララ, 先崎 秀明, 篠原 徳子, 中西 敏雄: Fontan循環を掘り下げる Fontan合併症の病態生理に基づくより良い管理に関する討論 Fontan循環における至適な心拍数の検討 心拍数低下による長期予後の改善. 日本小児循環器学会雑誌. 2014;30:s122.
 
17)栗嶋 クララ, 先崎 秀明, 篠原 徳子, 平松 健司, 長嶋 光樹, 中西 敏雄: TCPC Conversionの適切な適応基準に関する考察 Atrial-Ventricular Interactionの重要性. 日本小児循環器学会雑誌. 2014;30:s366.
 
18)桑田 聖子, 金 晶恵, 栗嶋 クララ, 斉木 宏文, 岩本 洋一, 石戸 博隆, 増谷 聡, 先崎 秀明: 右室を視る 最新の画像診断 心臓カテーテル検査による右心機能の評価. 日本小児循環器学会雑誌. 2014;30:s129.
 
19)桑田 聖子, 栗嶋 クララ, 金 晶惠, 岩本 洋一, 齋木 宏文, 石戸 博隆, 増谷 聡, 先崎 秀明: 非侵襲的Impedance解析による新生児における循環動態の経時的変化. 日本小児循環器学会雑誌. 2014;30:s369.
 
20)桑田 聖子, 栗嶋 クララ, 金 晶惠, 岩本 洋一, 齋木 宏文, 石戸 博隆, 増谷 聡, 先崎 秀明: 先天性心疾患児の呼吸機能. 日本小児循環器学会雑誌. 2014;30:s325.
 
21)桑田 聖子, 栗嶋 クララ, 金 晶惠, 岩本 洋一, 齋木 宏文, 石戸 博隆, 増谷 聡, 先崎 秀明: Fontan循環と甲状腺機能. 日本小児循環器学会雑誌. 2014;30:s263.
 
22)桑田 聖子, 栗嶋 クララ, 金 晶惠, 岩本 洋一, 齋木 宏文, 石戸 博隆, 増谷 聡, 先崎 秀明: Fontan循環におけるwave intensity(WI)を用いた脳循環の評価. 日本小児循環器学会雑誌. 2014;30:s230.
 
23)桑田 聖子, 栗嶋 クララ, 金 晶惠, 岩本 洋一, 齋木 宏文, 石戸 博隆, 増谷 聡, 先崎 秀明: 蛋白漏出性胃腸症(PLE)の診断におけるグリコアルブミンの有用性. 日本小児循環器学会雑誌. 2014;30:s229.
 
24)犬塚 亮, 桑田 聖子, 栗嶋 クララ, 岩本 洋一, 石戸 博隆, 増谷 聡, 先崎 秀明: 単心室循環における色素希釈法による心拍出量測定の妥当性の検討. 日本小児循環器学会雑誌. 2014;30:s284.
 
25)犬塚 亮, 桑田 聖子, 栗嶋 クララ, 先崎 秀明: 小児循環器診療におけるこれからのシミュレーション医学 僧帽弁閉鎖不全症における心機能指標の解釈 心血管シミュレーションを用いた解析. 日本小児循環器学会雑誌. 2014;30:s166.
 
26)坂崎 さやか, 増谷 聡, 桑田 聖子, 栗島 クララ, 岩本 洋一, 石戸 博隆, 先崎 秀明: ペースメーカー留置を必要とした発作性房室ブロック、洞停止の1歳男児例 副交感神経活動亢進の先行する徐脈発作. 日本小児循環器学会雑誌. 2014;30:s358.
 
27)須藤 陽介, 桑田 聖子, 栗嶋 クララ, 岩本 洋一, 石戸 博隆, 増谷 聡, 先崎 秀明: 極低出生体重児における急性期の脳血流動態の解析. 日本小児循環器学会雑誌. 2014;30:s369.
 
28)石戸 博隆, 竹田津 未生, 先崎 秀明, 増谷 聡, 岩本 洋一, 栗嶋 クララ, 桑田 聖子, 金 晶惠, 田村 正徳: 最近8年間で胎児診断した左心低形成症候群患者の検討. 日本小児循環器学会雑誌. 2014;30:s275.
 
29)石川 友一, 先崎 秀明, 石川 司朗, 朴 仁三, 佐川 浩一, 牛ノ濱 大也, 中村 真, 総崎 直樹, 増谷 聡, 岩本 洋一, 嘉川 忠博: Glenn循環からFontan循環への血行動態変化の規則性とそれに基づく推定値. 日本小児循環器学会雑誌. 2014;30:s282.
 
30)増谷 聡: 先天性心疾患の診断と治療戦略の今後 新生児科とともにチームを組む小児循環器科医が、新生児科の先生方とともに考えたい先天性心疾患の診断・治療のポイント. 日本周産期・新生児医学会雑誌. 2014;50:591.
 
31)増谷 聡, 金 晶惠, 桑田 聖子, 栗嶋 クララ, 岩本 洋一, 石戸 博隆, 先崎 秀明: 心室大血管統合関係(Ees/Ea)は拡張期stiffnessを二相性に規定する. 日本小児循環器学会雑誌. 2014;30:s262.
 
32)増谷 聡, 金 晶惠, 桑田 聖子, 栗嶋 クララ, 岩本 洋一, 石戸 博隆, 先崎 秀明: 小児心疾患における心室Suction評価 Wave Intensity Analysisを用いて. 日本小児循環器学会雑誌. 2014;30:s208.
 
33)増谷 聡, 金 晶惠, 桑田 聖子, 栗嶋 クララ, 岩本 洋一, 石戸 博隆, 先崎 秀明: Allometric modelを用いた簡便な非侵襲的MSW(preload recruitable stroke work)推定法. 日本小児循環器学会雑誌. 2014;30:s194.
 
34)増谷 聡, 栗嶋 クララ, 先崎 秀明: Fontan循環を掘り下げる Fontan合併症の病態生理に基づくより良い管理に関する討論 Failed FontanとSuper Fontanの比較 肺血管抵抗を超えて. 日本小児循環器学会雑誌. 2014;30:s120.
 
35)増谷 聡, 先崎 秀明: ACHD(二腔心)の病態を探る 右室左室連関. 日本小児循環器学会雑誌. 2014;30:s132.
 
36)大津 幸枝, 先崎 秀明, 増谷 聡, 石戸 博隆, 岩本 洋一, 栗嶋 クララ, 桑田 聖子, 鈴木 悦子, 齊藤 郁子, 佐藤 友歌, 内田 かおり: 大学病院における小児循環器科外来の現状と課題 患者アンケートの結果から. 日本小児循環器学会雑誌. 2014;30:s379.
 
37)猪野 直美, 増谷 聡, 谷川 祥陽, 桑田 聖子, 栗島 クララ, 岩本 洋一, 石戸 博隆, 田村 正徳, 先崎 秀明: 小児心疾患患者において、在宅凝固能管理は有用である. 日本小児循環器学会雑誌. 2014;30:s297.
 
38)東 浩二, 村上 智明, 石川 友一, 糸井 利幸, 大内 秀雄, 兒玉 祥彦, 本田 崇, 増谷 聡, 山澤 弘州, 先崎 秀明, 石川 司朗: 重症心不全治療の今 小児・先天性心疾患のうっ血性心不全に対するトルバプタンの有効性と安全性 日本小児循環動態研究会多施設調査による検討. 日本小児循環器学会雑誌. 2014;30:s160.
 
39)栗嶋クララ、稲井慶、朝貝省史、石井徹子、杉山央、篠原徳子、中西敏雄:Fontan術後遠隔期における耐糖能異常と脂質代謝異常.日本小児循環器学会雑誌. 2014;30:s
 
40)栗嶋クララ、桑田聖子、金晶恵、岩本洋一、石戸博隆、増谷聡、先崎秀明:Fontan循環における血管硬度と酸化ストレス/抗酸化力.第34回日本小児循環動態研究会学術集会.2014年10月
 
41)栗嶋クララ、桑田聖子、金晶恵、岩本洋一、石戸博隆、増谷聡、先崎秀明:循環動態評価におけるエスクロンの有用性.第34回日本小児循環動態研究会学術集会.2014年10月
 
42)栗嶋クララ、桑田聖子、金晶恵、岩本洋一、石戸博隆、増谷聡、先崎秀明:Fontan患者における運動時血行動態変化と静脈特性の重要性.第17回日本成人先天性心疾患学会学術集会.2015年1月
 
43)
桒田聖子、栗嶋クララ、金晶恵、岩本洋一、石戸博隆、増谷聡、先崎秀明、Nasal high flow (NHF)がFontan循環に及ぼす影響. 第34回日本小児循環動態研究会学術集会.2014年10月
 
44)桒田聖子、栗嶋クララ、金晶恵、簗 明子、岩本洋一、石戸博隆、増谷聡、先崎秀明、Fontan術後患者における古典的しかし斬新な治療法:在宅酸素療法. 第34回日本小児循環動態研究会学術集会.2014年10月

●受賞

1)第34回日本小児循環動態研究会学術集会、優秀演題賞、岩本洋一、他。心拍変動解析におる簡易遠赤外線サウナ療法の有用性の検討
 
2)第34回日本小児循環動態研究会学術集会、優秀演題賞、栗嶋クララ、他。Fontan循環における血管硬度と酸化ストレス/抗酸化力
 
3)第34回日本小児循環動態研究会学術集会、優秀演題賞、増谷聡、他。小児における、心室大血管統合関係が拡張末期壁応力と心室拡張期stiffnessに及ぼす影響の相違

●受賞

1)小児の駆出率の保たれた心不全の発症予測と病態解明 増谷聡 科学研究費(基盤研究(C))
 
2)川野正登記念研究助成金(若手枠) 谷川祥陽、増谷 聡、猪野直美、石戸博隆、栗嶋クララ、岩本洋一。小児の在宅凝固能管理は安全、有効に施行可能か?
 
3)宮田心臓病研究振興基金未成年心臓血管病の教育・研修に関する助成金。増谷聡。簡便に家庭でできる和温療法はFontan術後遠隔期の心不全進展を抑制し、全身合併症を予防するか━Fontan術後小児初の和温療法の試み
 
4)成人先天性心疾患の包括的循環動態評価および病態形成メカニズムの解明 栗嶋クララ 科学研究費研究活動スタート支援. (平成25、26年度)
 
5)川野正登記念研究助成金(若手枠)桒田聖子、栗嶋クララ、岩本洋一、石戸博隆、増谷聡Fontan術後のリンパ管機能とリンパマッサージの効果の検証